インドネシアの三大霊山「リンジャニ山」を目指せ

リンジャニ山( Gunung Rinjani)はロンボク島の活火山の一つ。インドネシアで3番目に高い山で、ロンボク島の最高峰の山です。同島の北部を占めるリンジャニ山は高さ3,726 mを誇り、これは日本の富士山と50 mほどの差です。

山頂から望むカルデラ

リンジャニ火山の活動におけるカルデラの形成は、13世紀の噴火によるものが初回と考えられており10km3のマグマに相当する火砕物が噴出し、直径6×8kmのカルデラを形成しました。

この1257年に起きた噴火は、過去3700年間に起きた噴火では最大規模と推定されています。また、中世ヨーロッパの記録文書には、この噴火の翌年の1258年の夏は異常低温で(夏のない年)、大雨による洪水が頻発したことにより農作物が不作だったという記述が残っています。

火口には天然温泉があり、尾根まで登ると、カルデラ内にあるセガラ・アナ湖を展望できます。山頂からはジャワ海とバリ島のアグン山も望むことができます。

2018年、リンジャニ山周辺のロンボク島がユネスコ世界ジオパークに指定されました。

トレッキングコースも多くの種類が用意されています。日帰りトレッキングはもちろん、宿泊つきで頂上を目指すコースなどもあるので、お好みのコースで登山してみるのもいいでしょう。

初心者向けツアーの参考
新人トレッカーには、アグン山の壮大な夕日を眺めながら、この2泊ガイド小グループのリンジャニ山ハイキングがおすすめです。 Senaru村のホテルで1,972フィート(601メートル)の夜間を過ごした後、8,665フィート(2,641メートル)のクレーター・リムまで進み、夜間にキャンプします。 2日目、壮大な日の出後、セナルに向かいます。Senaruとの間の移動が含まれていますが、キャンプ用の用具と食事も用意されています。

● リンジャニ山の火口縁までハイキングし、わずか2日でセナルに戻ります
● 壮大な日の出と日の入りを楽しむためにクレーターリムで一晩キャンプ
● 食事、軽食、温かい飲み物を含むフルトレッキングメニューをお楽しみください
● ロンボク空港またはロンボクのホテルとの間の送迎トランスファーでリラックス

関連記事

  1. 観光経済特区マンダリカ<The Madalika>

  2. 観光客必見!ロンボク島2023イベントカレンダー

  3. 旅の前に!ロンボク島を知っておこう!

  4. ロンボク島No.1レストラン「Milky Wave」