観光客必見!ロンボク島2023イベントカレンダー

NTB州は、2023年のイベントカレンダーまたは観光カレンダーを11月12日、ロンボク・スンバワ・フェアのオープニングで正式に発表しました。来年はスポーツ、文化、祭り、音楽公演などからなる計28のイベントが用意され、同州を盛り上げる予定です。

2023年2月、NTB観光カレンダーは「Road to Bike」と「Bau Nyale Enchantment Festival」から始まると述べ、「Bau Nyale Enchantment Festival」の開催を発表しました。さらに3月には、マンダリカ・サーキットで「ロンボク・スンバワ・フェア」を再び開催する予定です。同月には、ワールドスーパーバイク(WSBK)とアジアタレントカップ(ATC)のバイクレースイベントが、ロンボク島で3回目の開催を迎えます。

2023年3月、イスラム教徒がラマダン断食を実施する。その時、NTB州政府が日常的に行っているラマダン・カザナ・エンチャントの議題が再び行われることになりました。

2023年4月には、「タンボラ・フェスティバル」が復活します。タンボラ山の噴火を記念するこのイベントは、タンボラの魅惑的な自然を楽しみながら、国内外の観光客を呼び込むことが期待されます。

2023年5月、ロンボク島のスポーツイベント「Element Damp GFNY Lombok」が復活し、様々な国から集まった数百人のライダーでロンボク島の街を盛り上げます。同月には、Tour De Franceが開催するL‘Etape IndonesiaがNTBに戻ってきます。

2023年6月には、ロケット・モーター・サーキットで開催されるサモタ・モトクロス・グランプリ(MXGP)が、再び国内の自動車愛好家を楽しませる予定です。また、実施時期も2023年6月26日と決定しています。

そして6月には、昨年10月に開催され大成功を収めたアイアンマン70.3ロンボク大会が、再びNTBの人々を迎えてくれます。参加者は、世界数十カ国から集まったアスリートたちです。同月には、バロナ祭とパサジ・ポナン祭も開催される。

2023年7月には、「Shell Eco Marathon Asia」、東ロンボク県の様々な文化を紹介する「Pesona Bumi Selaparang」が開催される予定です。

7月には、2回目のMXGPがロンボク島で開催されます。

7月には、センバルン・ロティム地区でセンバルン・ジャロックというイベントも予定されています。

2022年8月、スンバワ県モヨ島でUci MTBマラソン世界選手権が開催されます。同月には、NTB産の真珠の販売促進を目的とした「パールフェスティバル」がNTB州政府により開催されます。

2023年9月には、インドネシア独立月間を盛り上げる「ロンボク国際モードファッション」イベントを開催します。

さらに同月には、世界トップクラスのサーフィンポテンシャルを持つレイキー・ドンプ・ビーチで、「ワールド・サーフ・リーグ・レイキー」と題したサーフィンの世界大会が開催される予定です。

「9月には、ロンボク・スンバワ・トラベルフェアも開催し、NTBへの観光客の訪問数を増やすことを目指します。9月には、スンバワ島での競馬(パクア・ジャラ)も再開予定です。

そして2023年10月、世界最高峰のバイクレースイベント「MotoGP」がマンダリカサーキットで2回目の開催を迎えます。

このイベントは、昨日2022年3月のMotoGPの活動と同様に、数十万人の観客を集めると予測されています。Mandalika MotoGPは、MSMEプレーヤーの数百を提示することにより、ロンボク-スンバワフェアのイベントと連動しています。

2023年に毎年10月に開催されるSenggigi Sunset Jazzのイベントで、地域の観客を楽しませ、Senggigiへの観光客を誘致することです。

10月には、ギリ・トラワンガンでギリ・フェスティバルも開催されます。絶対に外せない文化イベントが、西ロンボク県(ロバル)のリンサル寺院で行われるトパット戦争で、2023年11月に観光カレンダーが終了します。

関連記事

  1. 観光経済特区マンダリカ<The Madalika>

  2. ロンボク島No.1レストラン「Milky Wave」

  3. 旅の前に!ロンボク島を知っておこう!

  4. インドネシアの三大霊山「リンジャニ山」を目指せ